まだAmazonプライム会員じゃないの?

【2018年最新版】たった9記事で合格して見えた!Googleアドンセンスの審査の通過に必要な考え方と具体的な方法

【2018年最新版】たった9記事で合格して見えた!Googleアドンセンスの審査の通過に必要な考え方と具体的な方法

みなさんGoogleアドセンスの審査を通過することができたでしょうか?

きっとこの記事を見ている人のほとんどは
まだGoogleアドセンスの承認を得ていない人でしょう。

でも安心してください。
この記事を見れば100%アドセンスの審査を通過することができます。

ただ、僕はその辺に転がっている小手先のテクニックだけで
Googleアドセンスの審査を通過すればいいということは言いません。

アドセンスの審査を通過した”その後”につながるものを共有したいと思います。

きっと読み終わる頃には、
Googleアドセンスの審査を通過する方法+αのことを得ることができているでしょう。

アドセンスの審査における大前提(超重要)

f:id:kodomocafe1:20180406144401j:plain

そもそも皆さんはどうしてGoogleアドセンスの審査を通過したいのでしょうか?

間違いなく99.9%の人が、
「アドセンス収入を得たいから!」

と答えるはずです。

実際ブログやっている以上稼ぎたいと思うのは当然ですし、
僕もそう思ってます。

でもこの考え方を持ってるなら尚更、
小手先だけのテクニックでGoogleアドセンスの審査を通過しようとしてはダメなんです。

どういうことかと言いますと、
しっかりしたブログを書けない人が小手先のテクニックだけでGoogleアドセンスの審査を通過したところで、絶対に稼げないんです。

そんなブログにアドセンス広告を貼ったところで
誰もこないし、踏みません。

Googleアドセンスが稼げるわけではありません。
質の高い、多くの人が訪れるサイトにアドセンス広告を貼ることで、初めて稼げるんです。

これは、ブログ運営をしていくうえでも絶対に忘れてはいけないことです。

つまり、
Googleアドセンスで稼げるような自信のある記事のあるブログは、
テクニックなんて使わなくてもアドセンスの審査は合格できるんです。

ただ、ブログの質が良くても必ずやっておかなければならないことはあるので、
そこについては以下でしっかり書きたいと思います。

アドセンス審査に関する記事における注意

f:id:kodomocafe1:20180406144632j:plain

巷にはGoogleアドセンスの審査を通過するための記事が
たくさん溢れています。

しかし、Googleは随時アドセンスの審査基準を変更しており、
特に2016年に大幅な変更を行いました。

そのため、より古い記事の小手先だけのメソッドは、はっきり言って
“全く役に立たない!”
です。

・記事の更新年月の確認
・無料ブログでの審査方法の記載がないか(あったら古い記事)

この二つを確認しておけば古い情報をキャッチせずに済むでしょう。

小手先だけのテクニックを書いた記事は
時間が経過すると全く役に立たなくなってしまうんです。

もしこの記事以外の「Googleアドセンスの審査」
に関する記事を参考にするのであれば、ここだけは注意してください。

Googleアドセンス審査を通過のためにやるべきこと

f:id:kodomocafe1:20180406144854j:plain

独自ドメインの取得は必須

これは既成事実ですね。
2016年以降無料ブログでのアドセンスの申請ができなくなりました。

WordPressでもはてなブログProでも
どちらでも大丈夫ですが、必ず独自のドメインを取得したブログで審査を行うようにしましょう。

僕ははてなブログProでブログを書いていますが、
独自ドメインはお名前.com で取得しました。

記事数と文字数の影響

これに関してはいろんな憶測が飛び交っています。
「記事数は30記事以上ないとだめだ!」
というサイトもあれば、
「6記事で通ったで!」
というサイトもあります。

文字数に関しても1000文字以上は必須という記事もあれば、
そんなに必要ないという記事も…。

「いったいどれを信じたらいいんや!!!」

このような憶測がたくさん飛び交っているのは
恐らく、審査に通らなかった際にグーグル先生が提示してくる、
不十分なコンテンツのため不合格とさせていただきます
この一言のせいなのではないかと思います。

そもそも、不十分なコンテンツという表現が曖昧だからこういうことになるんです。

いろんな意見を見るに、グーグル先生が求めている”十分なコンテンツ”は、
「記事数 × 文字数」で測られているのではないでしょうか。

もちろん記事の質は大事なので、
ただ闇雲に記事を量産したり 、必要のないことを文字数の為に書くことはお勧めしません。

しかしGoogleアドセンスの審査を通過するためには、
「記事数 × 文字数」は意識したほうがいいかもしれませんね。

内容が濃くたくさん文字を書くブログは少ない記事で申請すればいいし、
逆に短く簡潔にまとめ量産するタイプのブログではある程度記事数が増えてから申請すればいい。

自分のブログにあったスタイル、タイミングで申請してみましょう。

見出しは揃えよう

ブログの見やすさには2種類あることをご存知でしょうか?

“読者に対する見やすさ” と “ロボットに対する見やすさ” です。
Googleアドセンスの審査を通るうえで重要なのが、後者の
“ロボットに対する見やすさ”です。

そもそもGoogleアドセンスの審査はほとんどロボットがやっています。
人間には見やすくてもロボットにそれが伝わらなければ
アドセンスの審査は不合格になって当然なんです。

「じゃあ実際どうすればいいの?」

簡単です。

見出しの順番を揃えればいいんです。
これは本の構成と全く同じです。

本では、”第一章:○○について”
に続いて”第一項:△△はこうせよ!”、”第二項:××には注意”
と続きますが逆はあり得ませんよね。

必ず “章” の中に “項” があるんです。
これをしっかり守ってブログを書けばいいんです。

WordPressで見出しは、
「h1>h2>h3>h4…」といった順番で大きさが設定されており、
はてなブログProでは、
「大見出し>中見出し>小見出し>標準」という風になっています。

この順番だけしっかり守ってもらえれば大丈夫です。

Googleのロボットを混乱させないことが何より大事ですね。

アフィリエイト広告について

よくこれに関しても賛否両論別れると思いますが、
僕は「貼っていても審査は通過できる」と思いますし、
現に合格している人はたくさんいます。

ただ、
僕は”一切貼っていませんでした”。

なぜかというと前述した通り、
Googleアドセンスの審査すら通過してない段階で、
アフィリエイト広告を貼ったところで雀の涙にしかならない
と思っていますし、何ならしっかり貼ってない広告って
うざいとしか感じないからです。

雀の涙にしかならない上に、
読者に「読みにくい」とか「うざい」
なんて思われたらもったいないし、悲しいじゃないですか。

やっぱり稼ぐっていうのは結果だと思うんです。
まだ何も与えてないのに、なに見返りもらおうとしてるんだ。

まずは与えて与えて、
広告すらその人の為になるように感じたとき
初めて貼ればいいと思うんです。

僕はこういう理論ですが、
「小さいとこからコツコツ稼ぎたい!」とか
「やっぱブログ始めたからにはアフィリエイト広告貼りたい!」
という人は全然貼ってもいいと思います!
安心してください、それで落ちることはないですよ。

ただ、大前提だけは見失わないようにしてください。

Google アナリティクスは連携しておいたほうがいい

Google アナリティクスを使うことで、
自分のサイトに
“何人の人が来たか” “どんなところから来たか” “どのページにたくさん訪問しているか”
など自分のブログを分析することができます。

「最初のほうはPVなどは気にするな!」
と言われます。

しかし、審査を通過する上で、
Google先生が出してるサービスなら互換性もあるだろうし連携したほうがよくね?
というのが僕の意見です。

PV数やその他情報は、
メンタルが弱い人は見なくていいと思います。

ただ、Googleが出しているサービスである以上
「0はあってもマイナスはない」
と思うので是非連携をしておきましょう。

Googleサーチコンソールも同様です。

下記のリンクから飛べるようにしておいたので、
まだ連携が済んでいない方は是非!

Google アナリティクス

Googleにサイトマップを送ろう

サイトマップを送ることで
「自分のサイトの存在をGoogleにアピールすること」
ができます。

Googleサーチコンソールを用いて簡単にやることはできるので
是非やってみてください。

Search Console – ホーム

プライバシーポリシーの設置

これはどのサイトを見てもわかりますが、
Googleアドセンスの審査を通過する上では必須事項でしょう。

プライバシーポリシーとは、個人情報保護方針のことです。
どういうことかというと、
「あなたはWebサイトを運営するに当たり取得した個人情報をどのように扱いますか?」
という問いに答えるものになります。

一般的にブログで用いられるものでプライバシーポリシーの記載義務があるものは、

・Google Adsense
・Google Analytics
・Amazon アソシエイトプログラム

です。
使用しているサービスのみ記載すればいいのですが、
ブログ運営をしていくにあたりこの3つは必ず使うので先に作っておきましょう。
(Google側からしたらすでにアドセンスに関するプライバシーポリシーの記載があればのちのち指摘する必要がなくなるので審査が通りやすくなると思います。)

僕はPDFファイルで作成しましたが、
記事として直接書き込んでもいいと思います。

コウヘイのプロフィール
の一番下に記載があるので参考にしてみてください。

問い合わせフォーム

これに関してはどちらでもいいと思いますが、
僕は設置していたので記載しておきます。

ちなみにGoogleフォームで簡単に作成できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ここまででGoogleアドセンスに対する考え方から
審査を通過する方法まで幅広くご紹介してきました。

きっとここまでしっかり読んで実際に行動することができれば、
Googleアドセンスの審査通過はもちろんのこと
その先のブログ運営も充実したものになること間違いなしです!

是非楽しいブログライフを送るためにも、
ブログ運営のモチベーションを上げるためにも、
Googleアドセンス審査なんてちゃちゃっと合格しちゃってください。