まだAmazonプライム会員じゃないの?

VR初体験!エレベーターに乗って宇宙旅行行ってきた【メガスター・ジャーニー】

VR初体験!エレベーターに乗って宇宙旅行行ってきた【メガスター・ジャーニー】
こんにちは、こんばんは。
宇宙飛行士コウヘイです。
先日東京タワーB1Fにある東京タワーホールにて開催中のイベント

MEGASTAR メガスター・ジャーニー」に行ってきました。

 

僕自身VRをまだちゃんと体験したことがなかったので

めちゃくちゃいい経験になりました。

 

今回はそんな僕のVR童貞卒業体験談と、
本イベントについてお伝えしていきたいと思います。

「MEGASTAR メガスター・ジャーニー」の概要

MEGASTAR JOURNEY』はVRを使ったアトラクション型プラネタリウムです。
「お客様には「MEGASTAR JOURNEY」で宇宙旅行を体験いただきます。VRゴーグルをかけるとそこはもう別世界。宇宙空間に飛び出し全身で星の海を感じたり、友達や恋人と青く輝く地球を眺めながら月面を散策するなど、自らの足で広大な宇宙を旅する、全く新しい体験型のプラネタリウムです。
空間移動型VRシステム「ABAL」を採用し、バーチャル空間における自由な歩行・体験者同士のコミュニケーションが可能となり、宇宙空間を自在に歩き回ったり、体験者同士での握手やハイタッチもできるなど、リアル⇔バーチャルのシームレスな世界を体感いただけます。

□MEGASTAR JOURNEYについて


日程:
2018127日~49
場所:東京タワー 地下1階 「東京タワーホール」
料金:1800
(ローソンチケットで前売り券が購入できます)

f:id:kodomocafe1:20180325001626j:plain

六本木から東京タワーへ

今回は六本木で用事があったため、
それを済ませてからとことこと徒歩で向かいました。

すでに六本木からは東京タワーが見えていたので、何事もなく到着。

 

「うっわ!なっつ!!(懐かしい)

f:id:kodomocafe1:20180325002740j:plain

 久しぶりに見て思ったけど、東京タワーって意外と高い!
333mだということを忘れていて200mくらいあるんじゃん?」
と言ってバカにされたのは内緒。
そしてなんと、東京タワーを訪れたのは 小学校の修学旅行以来”  だったんです。
実に10年前(笑)
時が経つのってめちゃくちゃ早いですね
今回僕は六本木から徒歩 (20) で行きましたが、
以下のアクセスが便利です。
・大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋口 徒歩5
・日比谷線 神谷町駅 / 2        徒歩7
・三田線   御成門駅 / A1       徒歩6
・浅草線   大門駅 / A6         徒歩10
・JR            浜松町駅 北口     徒歩15

チケットを買い、いざ宇宙エレベーターへ!

東京タワーの前に着いた。
でもどこへ行ったらいいんだ…
周りってこんな何もなかったっけ?笑
いろんな感想が交錯していた
地図を見てもよくわからなくなった。
とりあえず入り口を発見したので中に入ることに。
(しばらくうろちょろ…)
すると入って右手にメガスター・ジャーニーの看板が!

f:id:kodomocafe1:20180325010314j:plain

すぐ横に券売機もあったので一番直近の時間のチケットを購入。
ちなみに本イベントは、1間ごとのタイムテーブルが組まれており、
各時間で宇宙への旅に出かけられる形になっています。(所要時間はおよそ1時間弱)

タイムテーブルはこのようになっています。

体験時間 入場時間
1 10:00-11:00 9:45
2 11:00-12:00 10:45
3 12:00-13:00 11:45
4 13:00-14:00 12:45
5 14:00-15:00 13:45
6 15:00-16:00 14:45
7 16:00-17:00 15:45
8 17:00-18:00 16:45
9 18:00-19:00 17:45
10 19:00-20:00 18:45
11 20:00-21:00 19:45
優しいお姉さんに案内され、
いざ宇宙エレベーターのある東京タワーの地下へ。
(意外と体験時間が長いので、トイレに行っておくことをお勧めしますw)

f:id:kodomocafe1:20180325010430j:plain

「お、意外と人並んでるな〜」
なんか緊張してきたぞ…
「チケットをお預かりします!こちらの番号札を持って奥へどうぞ!荷物はロッカーに入れてくださいね」
館内は真っ暗、お姉さんに番号札を渡され荷物は全部ロッカーへ。
中を見て第一の感想は
「なんか富士急にある絶望要塞みたいだな。」
はい。絶望要塞に行ったことがある人はわかるかもしれませんがまさにあんな感じ。
無機質な空間がより一層緊張感を高めます。
ドキドキ。ドキドキ

なんかニュースが始まったぞ

荷物をロッカーに入れるとモニター前の椅子で待機。
「女友だち同士か、カップルばっかりじゃん!」
という気持ちは胸の奥にしまい込み、
メガスタージャーニーの世界観を説明する3本の動画を見ます。
注意
ほとんどネタバレもないので、大まかな設定を体験する前に理解しておきたい方は是非見てみてください。(こちらの動画は現地で見る映像をだいぶショートカットしてある)
新鮮な気持ちで楽しみたい方は見ずに次へと進んでください。

www.youtube.com

www.youtube.com

本イベントはこんな感じのストーリーで作られています。
「なんか本格的だな。」
結構作り込まれており、見ていて飽きません。
ちなみにより詳しいバックグラウンドストーリーが気になる方は
以下のリンクをクリック↓
□メガスター・ジャーニー「ストーリー&キャラクター」

VRの準備

動画を3本見終わると、
お姉さんに連れられ奥のスペースへ!
6人一組で体験するようで、
前のグループの次に待っています。
「宇宙旅行へ、さあ行きましょう!ゴゴゴゴゴォォォーーーー!!」
なんかめっちゃ音聞こえるんですけどwww
イベントスペース的に仕方ないのかもしれないけど
もう少しネタバレに気を使って欲しかったな…。

f:id:kodomocafe1:20180325004332j:plain

なんとか喋ってるうちに前のグループが
宇宙エレベーターの中へ!
僕たちは説明を受けながら
VR装置を全身にまといます。
(両手両足にセンサー的なのと、よく見るVRのゴーグル)
「ゴゴゴゴゴォォォーーーー!!!」
だからやかましいって(笑)
前のグループが出発して10分経つか経たないかくらいで僕たちのグループがカーテンの中へ…

f:id:kodomocafe1:20180325004424j:plain

いざ宇宙へ!!(微ネタバレ注意)

カーテンの中に入ると、
優しそうなお兄さんがVRゴーグルの付け方を説明してくれます。
約10メートル四方くらいの部屋だったかな?
ゴーグルをかけると、
「コウヘイ!宇宙服着てる!!」

f:id:kodomocafe1:20180325004619j:plain

周りを見渡すと、さっきまで一緒に説明を受けていた
皆が宇宙服に着替えています。
「俺もいつの間に着替えたんか!ってかピンク可愛い(笑)」
僕の宇宙服はピンク色でした。
「おー!手動くで!ほらほら!」
手握ったりハイタッチしたりするんですけど、めっちゃ変な感じします(笑)
「さあ、それでは宇宙エレベーターに乗って月に向かいましょう!エレベーターに乗ってください!(セリフは確かではない)」
うお!歩ける!
モニターも触れるやん!なんだこれ、すげー!
感動してるうちにエレベーターが出発
「スーーーーッスーーーーッ」
うお!東京タワーがどんどん遠のいていく…
さらば地球

f:id:kodomocafe1:20180325005030j:plain

出発からなんと20秒ほどで月面に着陸。はやw
この後どうなるかはばりばりのネタバレになってしまうので書きませんが、
美しい銀河系を探索することになります。
 
終始、
「やべー!やべーーーー!!」
と語彙力のない言葉をひっきりなしに発していた気がします(笑)

コラボカフェやイベント

f:id:kodomocafe1:20180325005640j:plain

東京タワーフットタウン2Fにある「TOWER’S DINER
では宇宙をテーマにしたコラボカフェが展開します。
MEGASTAR JOURNEY」コラボメニューや、
宇宙に関する写真や映像をお楽しみいただけます。

□コラボカフェ&イベント メガスター・ジャーニー 

今回僕は、こちらのカフェには行きませんでしたが、
どのメニューも可愛らしく、美味しそうです。
また、2018年3月28日(水) 18:00~20:30
50名様限定MEGASTAR JOURNEY特別イベント「宇宙×芸術」トークショー&名月鑑賞会を開催されます。
詳細はこちらをどうぞ↓
MEGASTAR JOURNEY特別イベント「宇宙×芸術」トークショー&名月鑑賞会VR初体験の感想
今回初めてVRを体験しましたが、
「めっちゃすげーーー!!けど、なにか物足りない…。」
という感じでした。
まず、僕たちが現実で体験することが難しいことを体験できるという
点では本当に素晴らしい。
例えば、
リアルだと危険なところへもVRなら行くことができる。
行くのにお金がかかりすぎるところだって行くことができる。
こういった疑似体験こそ、VR最大のメリットだと思います。
ただ、それがあくまで疑似体験だということ。
実際に触れた感触を得られない点に関しては、どこか物足りない原因になっている気がする。
また、体につけた機械の感触が結構残っていて、
どこかヴァーチャルに入り込みきれていない感は 否めなく、残念に感じた。
初回のインパクトはめちゃくちゃでかいので、
まだ体験したことのない人は一度は体験しておくべきです。
おそらく、これからVRの技術はどんどん進化していき、欠点も改善されるでしょう。
いつかは何もない土地にVRのテーマパークが出来上がるかもしれません。
めちゃくちゃ夢が膨らみますね!!!
これからのVRの進化に期待したいです。

まとめ

今回は東京タワーB1Fにある東京タワーホールにて開催中のイベント
MEGASTAR メガスター・ジャーニー」に行ってきましたが、友だち同士でも恋人とでも非常に楽しむことができる、新しい画期的なイベントでした。
まだ一度もVRを体験したことのない人、
綺麗な星を見たい人、
宇宙に行ってみたい人、
東京タワーに行ったついででも是非!
ちなみに3月12日〜の平日に、学生限定で展望台チケットとセットで300円引きで買えるキャンペーンも実施されています。
もうすぐ終わってしまうので春休み最後の思い出に、
行ってみてはいかがでしょうか。

f:id:kodomocafe1:20180325010245j:plain