こどもカフェ

【超名作】すべてはここから始まった!ピクサーのおすすめ短編アニメーション19選

f:id:kodomocafe1:20180409162133j:plain

ピクサー・アニメーション・スタジオは数々の名作映画を生み出した
映画制作会社です。

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」、「カーズ」を始めとした
長編アニメーション作品が有名ですが、
その原点は短編アニメーション作品です。

意外と知られていないのですが、
ピクサーの短編アニメーションは長編に引けを取らないほど名作ぞろいです。

今回は僕のおすすめするそんなピクサーの"短編アニメーション作品"を
なんと全19作品紹介させていただきたいと思います。

今までピクサーの短編アニメーを見たことがなかった人も
是非これを機に全部見てみていきましょう!

きっと見終わるころにはあなたはピクサー作品のとりこになっているでしょう。

※本記事おすすめの読み方
①時間がなければあらすじをサラッと読む
②動画を視聴する。
③"俺的おすすめポイント"を読む
④もう一度動画を視聴する。

※注意
本記事に掲載させていただいている動画はYouTubeから引用した動画になります。
著作権の問題上、作品をフルで楽しめない動画もあることをご了承ください。
気になる作品がありましたら"作品情報-収録"の欄にあるDVD/Blue-ray Discで見ることができるので購入していただくか、レンタルして視聴することをおすすめします。

 

1. アンドレとウォーリーB. の冒険

www.youtube.com

作品情報

原題:The Adventures Of Andre & Wally B. 
監督:アイビー・レイ・スミス
制作年:1984年
収録:ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品はピクサーの前身である"ルーカスフィルム"のCG部門が制作した作品です。ピクサー創設時のメンバーであるアイビー・レイ・スミス氏や「トイ・ストーリー」や「カーズ」の監督ジョン・ラセター氏がキャラクターデザインやアニメーションを手掛けています。その為、本作品はピクサー第一作目の作品とされています。

あらすじ

大自然でお昼寝をしていたアンドレ。起き上がるとそこにはハチのウォーリーB.が。
ハチが怖いアンドレは何とかしてウォーリーB.の気を逸らして逃げようとするが...。

俺的おすすめポイント

まずこの映像で1984年の作品だったと思うと驚きしかない。
(僕が生まれる前だし...)
アンドレとウォーリーB.の表情からお互いの気持ちや面持が
しっかり表現されているところも流石です。
ここから数々の人気アニメーション映画を生み出しているピクサーが
始まったと考えると感慨深いですね!

2. ルクソーJr.

www.youtube.com

作品情報

原題:Luxo Jr.
監督:ジョン・ラセター
制作年:1986年
収録:ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は1986年ピクサーアニメーションスタジオ創設後初めて製作された短編CGアニメーションです。
のちに「トイ・ストーリー」や「カーズ」の監督を務めることになる巨匠、ジョン・ラセターの監督デビュー作でもあり、1986年アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされています。
現在でもピクサー作品のオープニングや作中、また東京ディズニーシーで開催されていた「ピクサー・プレイタイム」の各所にも登場している電気スタンド"ルクソー"と潰されてしまったボール"ピクサーボール"。実はこちらの作品のキャラクターだったんですね。

あらすじ

電気スタンドのルクソーとその子供ルクソーJr.がボールで楽しく遊んでいる。
しかし、はしゃぎすぎたルクソーJr.は勢い余ってボールをつぶしてしまう...。
怒られてショボくれているルクソーJr.がそのあとに取った行動にルクソーもびっくり!

俺的おすすめポイント

電気スタンドが実際にできる動きは限られていますが、
その直線的な動きしかできない制約の中でキャラクターたちの
感情がうまく表現されていて、ホントにすごいなと感心させられます。
また、電気スタンドの親子がボールで遊ぶという発想。
奇想天外すぎて僕には考えられません(笑)
でも時を経て現在でも各所で愛されるキャラクターがこの作品から生まれたんです。
馴染みのあるピクサー長編アニメーション映画には、
このキャラクターたちが必ず登場しているので探してみると面白いと思いますよ!

3. レッズ・ドリーム

www.youtube.com

作品情報

原題:Red's Dream
監督:ジョン・ラセター
制作年:1987年
収録:ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品はピクサー・アニメーション・スタジオが作成した2作目の短編CGアニメーションです。監督はヒットメーカーのジョン・ラセター務めています。

あらすじ

雨の降り頻る夜。そんな夜に夢を見ているのは、自転車屋にある小さな赤い一輪車。
一輪車はピエロを乗せサーカスのステージでパフォーマンスをしているが
いつの間にか一人で動き出し、ジャグリングを始める。
これが夢でなければいいのに...。

俺的おすすめポイント

とにかく、この作品は空気感がいい。
雨の夜×寂れたお店という哀愁漂う雰囲気の中、セール品として売られている一輪車の儚い夢物語が展開されます。
「一輪車に同情する」
なんてことありますか?
人間味あふれた"モノ"の描写はさすがピクサーと言ったところ。
見れば見るほど泣けます。

4. ティン・トイ

www.youtube.com

作品情報

原題:Tin Toy
監督:ジョン・ラセター
制作年:1988年
収録:DVD「トイ・ストーリー」の特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は1988年、アカデミー賞短編アニメーション賞受賞された作品です。
皆さんおなじみ映画「トイ・ストーリー」が制作されるきっかけとなった作品でもあるんです。

あらすじ

ここはとあるおもちゃ部屋。そこには、歩くと音の鳴るおもちゃ"ティン・トイ"が居ました。部屋にいる赤ちゃんはおもちゃを食べたり、ぶんぶん振り回したり...おもちゃを乱雑に扱います。
怖くなったティン・トイは赤ちゃんから逃げるようにソファーの下に逃げ込むと、そこには同じ気持ちを持った仲間が。
やがて、赤ちゃんが転んで泣き出してしまいます。
自分の身を守りたい気持ちと、子どもを楽しませたいというおもちゃとしての使命の葛藤。
ティン・トイが選んだ選択とは...。

俺的おすすめポイント

トイ・ストーリーの前身となった作品だけあって
とにかくおもちゃの感情描写が凄い!
「もしかして監督おもちゃになったことあります?」
って思うくらい。
ティン・トイの場面場面での気持ちを考えながら
表情を追ってみると、よりこの作品の深さを感じることができると思いますよ!
何度も見るうちにティン・トイが愛くるしく思えてきます。

5. ニック・ナック

www.youtube.com

作品情報

原題:Knick Knack
監督:ジョン・ラセター
制作年:1989年
収録:DVD「ファインディング・ニモ」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「ファインディング・ニモ」と同時上映された作品です。
ピクサー・アニメーション・スタジオ4作品目の短編で、長編制作に向かう前の最後の短編アニメーションとなっています。

あらすじ

スノードームの中にいる雪だるまは、外の世界にいるビキニの人形に恋をします。
何とかして彼女に会うべく、あの手この手でスノードームからの脱出を図る。
すると、思わぬところに脱出口が!雪だるまは見事スノードームから脱出することができますが...。

俺的おすすめポイント

とにかく「ビキニの人形と人魚の人形のスタイルがいい!」
なんてスケベなことを書こうと思いましたが、やめておきます。
(書いとるやないかい!!)
実際初期の段階では大きな胸だったそうですが、何があってか平べったい胸に変更されたよう...
残念と思うか、いいぞと思うかはあなた次第です(笑)
そんなことは置いといて、作品としてはとにかく女の子のために
一途に頑張る雪だるまが可愛らしいですね。
しかも一途かと思いきやすぐ目移りするし...でもなんか許せちゃう、そんな魅力的なキャラクターの登場する作品です。

6. ゲーリーじいさんのチェス

www.youtube.com

作品情報

原題:Geri's Game
監督:ヤン・ピンカヴァ
制作年:1997年
収録:DVD「バグズ・ライフ」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「バグズ・ライフ」と同時上映された作品です。
前記した「ニック・ナック」が公開して以来短編の製作はなく、8年越しの短編となった本作品はピクサーにおいて"第二世代の短編映画"と言われています。
また、「ティン・トイ」以来二作目のアカデミー賞短編アニメーション賞受賞作でもあります。
小ネタになりますが、本作品に登場する"ゲーリー"はなんとあの「トイ・ストーリー2」に出てくる修繕屋のじいさんと同一人物なんです。

あらすじ

葉が色づいてきた秋の公園。ゲーリーじいさんはチェスを指している。
しかし、公園にいるのはゲーリーじいさんただ一人。
なんと彼は一人で二役を演じ、チェスを指していたのだ。
「眼鏡をかけたおとなしいゲーリー(白)vs眼鏡をかけてない挑発的なゲーリー(黒)」
の戦いになるが、戦況は黒の圧倒的有利!しかしその後とんでもないことが起こる!

俺的おすすめポイント

まず、人間が登場すること自体珍しいピクサー短編作品。
そんな中強烈なキャラクターが出てきたな(笑)と言った感じです。
とにかく表情が豊かでとても一人二役でチェスを指しているとは思えない。
「実はセリフが一つもない!」
という事を言われるまで気づかない人も多いくらい、
その表情と発声からいろんなものが伝わってきますよね。
言っては何ですが、正直
「何がしたいかわからない(笑)」
謎多き作品ですが、何か面白く引き込まれる。そんな作品です。

 

7. フォー・ザ・バーズ

www.youtube.com

作品情報

原題:For the Birds
監督:ラルフ・エルグストン
制作年:2000年
収録:DVD「モンスターズ・インク」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「モンスターズ・インク」と同時上映された作品です。
アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作で、本作以降2017年の「ひな鳥の冒険」までノミネートはあるものの受賞はありません。

あらすじ

電線に並んで止まって鳴いている小鳥たち。
するとそこに自分たちとは全く違った大きな鳥が現れる。
初めて見る大きな鳥に小鳥たち大はしゃぎ!
しかし大きな鳥のせいで自分たちの自由が侵されると、
一転して大きな鳥を排除しようと試みますが..。

俺的おすすめポイント

原題である"for the birds" は英語の慣用句「くだらない」という意味があり
まさに「くだらないけどなんか微笑ましい」、そんな作品になっています。
おすすめポイントは、十人十色ということわざがあるように、
登場するキャラクター一羽一羽の表情や反応から
どんな性格でどんな鳥なのか伝わってくるところです。
また、一羽の鳥に約2800枚もの羽を書き込んであることを考えると、
それが最後のオチの描写がよりダイナミックに感じますね。

8. バウンディン

www.youtube.com

作品情報

原題:Boundin
監督:バド・ラッキー
制作年:2003年
収録:DVD「Mr.インクレディブル」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「Mr.インクレディブル」と同時上映された作品です。
監督はあのトイ・ストーリーの主人公"ウッディ"をデザインしたアニメーターです。
2003年アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品です。

あらすじ

とある山で愉快にダンスを踊っているフサフサの羊。
しかしある日、その自慢の毛を人間にすべて刈られてしまいます。
水たまりに映る自分の姿があまりにもみじめ。モグラにも笑われすっかり意気消沈。
するとそこに1頭の牡鹿が。
「悲しい時でも、寂しい時でも、飛び跳ねて踊ってみろ!」
羊の生き方はどう変わるのか...

俺的おすすめポイント

この作品はミュージカル調になっており、
牡鹿の言葉がよりポップに響いてきます。
セリフは英語で難しいですが、そのポップな雰囲気
キャラクターたちの表情から物語はしっかりと伝わってきます。
「見た目は変わっても、中身は変わらない。笑うやつがいても気にすることないじゃないか」
牡鹿めちゃくちゃいいこと言うやんけ!!
辛いことがあったとき凄く励まされる作品です。

9. ワン・マン・バンド

www.youtube.com

作品情報

原題:One Man Band
監督:マーク・アンドリュース
制作年:2005年
収録:DVD「カーズ」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「カーズ」と同時上映された作品です。
音楽が非常に重要な役割を果たしており、映像制作と並行して楽譜制作もなされました。
2005年アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。

あらすじ

ここはコインを入れると願いが叶うという噴水のある広場。
そこに1人の少女ティッピーが願いを叶えようと1枚のコインを持ってやってくる。
2人のストリートミュージシャンは何とか彼女の気を引いて
そのコインを手に入れようとします。
2人の争いはどんどんヒートアップ!
嫌気がさした少女は耳を塞ぐと持っていたコインを側溝に落としてしまいます。
そこでティッピーのとった行動は...。

俺的おすすめポイント

この作品の注目すべき点は"音楽"です。
本作品は全くセリフがないため、
すべての感情表現やメッセージが音楽に込められています
その時その時で変わるストリートミュージシャンたちのパフォーマンスは
音楽であると同時に会話でもあるんです。
そういった視点から本作品を見てみるとまた面白いかもしれませんね。
また、この作品含めピクサーの短編作品はとにかくオチがしっかりしているため
ほんとにおもしろいなと感心させられますね。

10. リフテッド

www.youtube.com

作品情報

原題:Lifted
監督:ゲイリー・ライドストロム
制作年:2007年
収録:DVD「レミーのおいしいレストラン」特典映像
   ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全版

本作品は映画「レミーのおいしいレストラン」と同時上映された作品です。
監督のゲイリー・ライドストロムは「タイタニック」や「ファインディング・ニモ」に音響デザイナーとして携わった凄腕です。
2007年アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。

あらすじ

ある晩、人里離れた民家にUFOが飛来し、少年を連れ去ろうとします。
しかし、見習いである緑の宇宙人は少年をうまくUFOに誘導することができず、壁や天井などあちこちにぶつけてしまいます。
あれこれ繰り返しようやく少年をUFOまで連れてくることに成功...したかと思いきやまた失敗。
すっかり自信を無くし、泣きわめく彼に支障が最後のチャンスを与えますが...。

俺的おすすめポイント

なんていうかこの作品は
「王道ギャグアニメーション」と言った感じでしょうか。
少し子ども向けな気がするので好き嫌い分かれると思いますが、
子どもには間違いなくウケるでしょう。
間の取り方が上手で、しっかり落とすとこ落としているので
ガキな僕は大ウケ!特に最初の頭ぶつけるシーンはやばいですね(笑)
シュールな笑いが好きな人には超おすすめです!

 

11. マジシャン・プレスト

www.youtube.com

作品情報

原題:Presto
監督:ダグ・スウィートランド
制作年:2008年
収録:DVD「Wall・E ウォーリー」特典映像
           ピクサー・ショートフィルムVol.2

本作品は映画「Wall・E ウォーリー」と同時上映された作品です。
第81回アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。

あらすじ

マジシャンの助手であるウサギのアレックはどうしてもニンジンが欲しい。
帽子を使ったマジックをする人気マジシャンのプレストは、ショーの準備に追われていてアレックになかなかニンジンをくれません。
そのままショーが始まりますが、ニンジンをもらえなかったアレックは激怒。
マジックショーに全く協力しません。
するとプレスト怒り、二人の争いはどんどんヒートアップしていきます。
果たしてマジックショーはどんな展開を迎えるのでしょうか?

俺的おすすめポイント

ほんの些細なことからけんかがヒートアップしていく。
よくあることですよね。
まさにそんな既視感のある物語ですが、
そこは流石アニメーション「喧嘩のスケールがでかいっ!!」
あとはテンポがいいから見ていて飽きないし、
オチもしっかり決まっている。
どこか「トムとジェリー」を彷彿とさせるドタバタ攻防コメディは
痛々しくも面白い、そんな作品になっています。

12. 晴れ ときどき くもり

www.youtube.com

作品情報

原題:Partly Cloudy
監督:ピーター・ソーン
制作年:2009年
収録:DVD「カールじいさんの空飛ぶ家」特典映像
   ピクサー・ショートフィルムVol.2

本作品は映画「カールじいさんの空飛ぶ家」と同時上映された作品です。

あらすじ

あらゆる動物の赤ちゃんを運び届けるコウノトリ。
なんとその赤ちゃんたちは雲によって作られていた。
晴れ雲たちは人間や犬、猫などおとなしい赤ちゃんを生み出しますが
雨雲はワニやヤマアラシなど乱暴な赤ちゃんばかり。
専属の配達屋のコウノトリはもうボロボロです。
雨雲は良き相棒だが、「どうして僕ばかりこんな目に...」
コウノトリは晴れ雲のところへ飛んで行ってしまいますが...。

俺的おすすめポイント

「赤ちゃん天からの贈り物」
とよく言われるが、まさかそのことがまんまアニメーションとして
物語になるとは。
恐れ入った!
本作品は雨雲とコウノトリの友情物語であるが、
胡散臭さが全くなく、心温まるストーリーに仕上がっている。
雲の感情を雷や雨などの天気で表す発想は非常にわかりやすくも大胆で、ピクサーの真骨頂と言った感じですね。

13. デイ&ナイト

www.youtube.com

作品情報

原題:Day & Night
監督:テディ・ニュートン
制作年:2010年
収録:DVD「トイ・ストーリー3」特典映像        
   ピクサー・ショートフィルムVol.2

本作品は映画「トイ・ストーリー3」と同時上映された作品です。
3Dと2Dを融合させた作品で、2011年アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネートされています。

あらすじ

昼と夜をモチーフにした二人のキャラクター。
二人は似ているが全く違う。自分を自慢したり相手を批判するうちに
大喧嘩に発展してしまいます。
しかし段々自分にはない相手のいいところが見えてきて...。

俺的おすすめポイント

本作品は3Dと2Dを融合させた斬新な映像が特徴的です。
リアルで見るような3Dの動きとキャラクターの2Dの動きが
ぴったりマッチしていて、斬新だがわかりやすい作品となっています。
ストーリー構成は喧嘩→仲直りと非常にシンプルだが、
キャラクターの濃さにピクサーらしさを感じますね!

14. 月と少年

www.youtube.com

作品情報

原題:La Luna
監督:エンリコ・カサローサ
制作年:2012年
収録:DVD「メリダとおそろしの森」特典映像
   ピクサー・ショートフィルムVol.2

本作品は映画「メリダとおそろしの森」と同時上映された作品です。
第84回アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。
絵コンテはすべて水彩画で描かれています。

あらすじ

少年バンビーノは祖父と父に夜の海に小舟で連れられ初仕事へ。
やがて月が昇ると彼らは月に渡り、星の掃除を始める。
見たこともない不思議な光景にバンビーノの好奇心は止まりません。
すると一際大きな星が飛来します。
祖父、父がその対処に困っている中、バンビーノがとった行動とは...。

俺的おすすめポイント

本作品で注目していただきたいポイントは2つ!
一つ目はその映像の美しさです。
宮崎駿アニメーションが大好きだという監督は、
映画「崖の上のポニョ」の絵コンテが水彩画で書かれたことに影響を受け
本作品も絵コンテはすべて水彩画で描かれています。
水彩画独特の淡いタッチがアニメーションの雰囲気を最大限に引き出しており、
このような美しい映像が出来上がりました。
二つ目は主人公"バンビーノ"の感情の変化です。
自分の方法を押し付けて喧嘩する祖父と父を見て、
「自分らしさを持って、自分の道を見つけよう」
とする彼の感情と行動の変化に注目してみるといいと思います。
監督は、彼を通じて
道を探す中では、色々な人の意見に左右されがちだけれど、自分のハートを信じて、行くべき道を見つけてほしい」
というメッセージを伝えたいと言っているくらいですからね。

15. ブルー・アンブレラ

www.youtube.com

作品情報

原題:The Blue Umbrella
監督:サーシャ・アンセルド
制作年:2013年
収録:DVD「モンスターズ・ユニバーシティ」特典映像

本作品は映画「モンスターズ・ユニバーシティ」と同時上映された作品です。
監督は「カーズ2」や「トイ・ストーリー3」でカメラやレイアウトを担当したサーシャ・アンセルドが務めています。

あらすじ

ここは雨の降り始めた都会の街。人々はみな次々に傘をさしていきます。
その一つの青い傘は信号待ちの途中、隣にいた赤い傘に恋をします。
二人は恋に落ちますが持ち主の進む先は逆方向。どんどん二人の距離は離れていくばかりです。
「何とかして彼女のところ行きたい!」
すると突風がブワッと吹いて雨の降り頻る都会に放り出されてしまいます。
次々と待ち受ける危険の数々。果たして青い傘は無事赤い傘に出会えるのか...。

俺的おすすめポイント

この作品のポイントはなんといってもその描写だ。
まるで実写にしか見えないその圧倒的映像描写は、
ピクサー短編アニメーション映画の新しい形として凄く新鮮に感じさせる。
アルセルド監督が、
「究極的にはこのストーリーが、このスタイルを求めていたんだ。」
と言うくらいこのスタイルは物語の深みをより際立たせている。
リアルな街の風景、表現が、物語の奇跡をより強調しており
クライマックスを最高に盛り上げる。
また、街中でよく見る一つ一つの物が動き出し、
お互いを助け合う姿は新しくもあり、ピクサーらしさを感じられる一面でもありますね

16. 南の島のラブソング

www.youtube.com

作品情報

原題:Lava
監督:ジェームズ・フォード・
制作年:2014年
収録:DVD「インサイド・ヘッド」特典映像

本作品は映画「インサイド・ヘッド」と同時上映された作品です。

あらすじ

一人ぼっちの山であるウクは誰かと出会うという憧れを持ち、
毎日歌っていた。
しかし、長い長い月日の経過とともに彼は小さくなり
歌うことができなくなってしまった。
そんな中、海の中で歌を聞いていた若い山レレは、ウクに会いたいという思いから
海面に上昇することに成功する。
一方、歌えないウクはレレに存在を気付かれることなく海の底に沈んでしまうことになる。
果たして二人は出会うことができるのでしょうか...。

俺的おすすめポイント

本作は歌で物語が構成されている作品です。
作詞作曲は監督自身が手掛けて制作したこともあり、
音楽による物語の統一性は素晴らしい。
もしかしたらピクサー史上一番 "大きい主人公" の "一番長い恋物語" なのではないだろうか。
ウクがどれだけ長いことレレと出会える日を待ち望んだか考えると、
切なさを感じると同時に、すごく勇気づけられますね。
あと原曲もめちゃくちゃいいのでこの機会に聴いてください。

17. 僕のスーパーチーム

作品情報

原題:SANJAY's SUPER TEAM
監督:サイジェイ・パテル
制作年:2015年
収録:DVD「アーロと少年」特典映像

本作品は映画「アーロと少年」と同時上映された作品です。
ピクサー初となる"実話を基にした"作品でもあります。
第88回アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。

あらすじ

ヒーローマニアである少年サイジェイは、
父親の命令で嫌々ヒンドゥー教の神々にお祈りをさせられる。
しかし彼は誤って仏壇の燈明を消してしまう。
すると場面が一転。今までいた部屋とは全く違う薄暗い神殿のような空間に誘われる。
そこに巨大な怪物が出現し彼を襲おうとするが、
燈明をつけるとヒンドゥー教の神々が現れ、怪物を倒すため奮闘する。
果たしてサイジェイの運命や如何に!

俺的おすすめポイント

この作品のお勧めポイントとしては、
誰もが子どものころに感じるようなことを
アニメーションとしてファンタジックに描いているところです。
男の子だったら当然ヒーローが好きだし、お祈りなどの退屈な作業は好まないでしょう。
しかし、本作品はマイナスであるはずのヒンドゥー教のお祈りが、大好きなヒーローとして描かれている。しかもこれが実話を基にした作品と来たものだから、より作品の内容にリアル感が増しており、共感できるポイントにもなっているでしょう。
ヒーローバトルアニメにも見えるし、
少年時代の葛藤を描いた懐かしさを感じることができる。
なかなか面白い作品だ。

18. ひな鳥の冒険

www.youtube.com

作品情報

原題:Piper
監督:アラン・バリラロ
制作年:2016年
収録:DVD「ファインディング・ドリー」特典映像

本作品は映画「ファインディング・ドリー」と同時上映された作品です。
「フォー・ザ・バーズ」以降実に17年越しのアカデミー賞短編アニメーション賞受賞作品。

あらすじ

浜辺に住むシギの雛は臆病で、いつも食糧である貝を親鳥に取ってきてもらっていた。
ある日親鳥に自分で取るよう言われしぶしぶ貝を採りに行くも、
大きな波にのまれトラウマになってしまう。
そんな中ひな鳥は一匹のヤドカリに会う。
ヤドカリは殻に篭り、砂に潜ることで波をやり過ごしていることを知ったひな鳥は、
大きな波が来ると自分も砂に潜って丸くなった。
すると目の前には想像を絶する光景が!

俺的おすすめポイント

本作品は一匹のひな鳥の成長を描いた作品となっているが、
そのキーワードとなるのは「チャレンジ」「発見」だと思う。
もともと臆病なひな鳥が空腹に勝てず、渋々貝を取りに向かうシーン。
やっぱり何事も初めてのことをスタートするってめちゃくちゃハードル高いんですよね。
それを必死に乗り越えようとするひな鳥の奮闘が
表情からもビンビン伝わってきて、応援したくなる。
そして必ずしもそれは最初から上手くいかないんです。
でも答えは意外なところに転がっている。
ひな鳥の成長は「今何かに頑張ろうとしてる人」へのヒントにもなるし
めちゃくちゃ元気づけられます!
あ、あとひな鳥のシーンごとの表情がめちゃくちゃかわいいのでそこに注目してみてみてください!

19. LOU

www.youtube.com

作品情報

原題:LOU
監督:デイブ・マリンズ
制作年:2017年
収録:DVD「カーズ / クロスロード」特典映像

本作品は映画「カーズ / クロスロード」と同時上映された作品です。
第90回アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品。
登場する主人公J.Jは映画「インサイド・ヘッド」に登場したライリーのクラスメイトです。

あらすじ

ある幼稚園の片隅に忘れ物預かりボックス「LOST AND FOUND」があった。
その中には忘れ物たちで構成されたルーという生き物が住んでいました。
休み時間、各々の園児が遊んでいるおもちゃを奪っては自分のリュックに隠すいじめっ子J.Jが現れます。
ルーは何とかしてJ.Jからおもちゃを奪い返そうと頑張ります。
そしてルーはJ.Jのパンツに書いてある「J.J」の文字から、忘れ物預かりボックスにあるテディベアの人形の持ち主だという事に気づきます。
ルーはテディベアを返す条件に、忘れ物預かりボックスにあるおもちゃたちを持ち主に返すことを命じJ.Jはしぶしぶみんなにおもちゃを返しに行きますが...。

俺的おすすめポイント

本作品の注目ポイントは、「いじめ」というテーマについてです。
主人公J.Jがほかに園児たちをいじめるきっかけになったのは、
「自分がいじめられたから」
いじめはこういった負の連鎖を生むんですね。
そんないじめへの反対心がストレートに伝わってくる作品です。
J.Jが本当に望んだものは"ともだち"
これを心の片隅に置いて本作を見てみると、なんだかJ.Jが
可哀想にも可愛らしくも思えてきますよ!
ちなみに園児たちは映画「インサイド・ヘッド」や「ファインディング・ドリー」に登場するキャラクターが使用されているため、探してみると面白いかもしれませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は名作ぞろいのピクサー短編アニメーション作品を19作品
ご紹介させていただきました。

こちらの作品以外にも、
長編アニメーション作品のスピンオフなど
まだまだピクサーの短編アニメーションはたくさんあります。

是非これを機にそちらの作品も見てみるといいと思います。

すべての作品は「作品情報-収録」の欄にあるDVD/Blue-ray Discで視聴することができます。
「購入するのはちょっと...」
という人は是非レンタルして視聴してみることをおすすめします。

ゲオの宅配レンタルサービスは、
家にいながらDVDやBlue-ray、CDをレンタルすることができます。

「あ!返すの忘れてた!」
なんて人も安心。延滞料もかからず、視聴し終えたDVDは専用の往復封筒に入れてポストに投函するだけとめちゃくちゃ楽。

最初の30日間は無料でお試しいただけるので、
是非この機会に無料で全部のピクサー作品を見ちゃいましょう!



また僕の大好きなピクサー長編アニメーション作品「モンスターズ・インク」シリーズを徹底解説した以下の記事もおすすめです↓

www.kodomocafe.com

www.kodomocafe.com