映画を100倍楽しめる!見る前に知っておきたい「リメンバーミー」8つの注目ポイント

映画を100倍楽しめる!見る前に知っておきたい「リメンバーミー」8つの注目ポイント

こんにちは、こんばんは。コウヘイです。

今回は絶賛大ヒット上映中のディズニーピクサー最新作「リメンバー・ミー」をより楽しむために注目すべき8つのポイントをまとめさせていただきました。

本作はあの「トイストーリー3」も手掛けたジョン・ラセターが制作の総指揮を取ったこともあり、大変注目の作品となっています。

すでに劇場で見た人も、これから見に行こうかなと思っている人もこれを読んだら見たくなること間違いないでしょう。

 

Advertisement

あらすじ

f:id:kodomocafe1:20180320223851j:plain

主人公はミュージシャンを夢見る少年ミゲル。
しかし昔、ひいひいおじいちゃんが音楽のために家族を捨ててから、彼の一族は家族が音楽に関わることを一切禁じてきた。
ある日ミゲルは、古い家族写真をきっかけに、ひいひいおじいちゃんが憧れである伝説のミュージシャン「エルネスト・デラクルス」だと思うようになる。
そして、家族の反対を無視し、音楽の道に進むことを決心する。
そんなミゲルがひょんなことから迷い込んでしまったのは、なんと、先祖たちが暮らす”死者の国”だった。
元の世界に戻る唯一の方法は、日の出までに先祖に許しをもらうことだ。
元の世界に戻るため、ミュージシャンになるために彼は様々な冒険を繰り広げる。
その途中で、家族に会いたいと一心に願うガイコツのヘクターと出会う。
彼には「生きている家族に忘れられてしまうと、死者の国からも存在が消える」という”第二の死”の危機が迫っていた。
果たして二人の運命は…。
「”リメンバー・ミー”には家族を一つにする特別な力がある。」

キャラクター

ミゲル

f:id:kodomocafe1:20180320220334j:plain

ミュージシャンを夢見る少年。ギターを弾くのが得意。
心優しく穏やかだが、夢に一途で
走り出したら止まらない性格。
伝説のミュージシャン「エルネスト・デラクルス」に強い憧れを持ち、
彼の音楽だけでなくドラマのセリフまで覚えている。
キスシーンに目を背けてしまうといった、純粋で可愛い一面も。

ヘクター

f:id:kodomocafe1:20180320220604j:plain

ミゲルが死者の国で会った相棒。
陽気で気さくな性格。踊ったり歌ったりするのが好き。
あの手この手で家族に会おうとするチャレンジャーで、目的の為なら手段を選ばない。
変身が得意で、ミゲルにガイコツペイントを施したのも彼だ。

エルネスト・デラクルス

f:id:kodomocafe1:20180320220805j:plain

ミゲルの暮らす町が生んだ、伝説のミュージシャン。
代表曲はミゲルも大好きな “リメンバー・ミー”。
ミュージシャンだけでなく映画で主役をやるなど、その才能は多岐にわたる。
死者の国でもカリスマミュージシャンとして
華やかしい人生を送っている。
名言「皆は世の中のルールに従うけど、私は自分の心に従うんだ」

ダンテ

f:id:kodomocafe1:20180320221040j:plain

ミゲルと常に一緒にいる野良犬。
少し間抜けな一面があり、言うことを聞かないが、
死者の国では信じられない底力を発揮する。
ミゲルと彼の奏でるギターが大好き。
犬種は「メキシカン・ヘアレスドッグ」

注目ポイント

リメンバーミーの原題は “COCO”

f:id:kodomocafe1:20180320221608p:plain

本作は邦題「リメンバー・ミー」として日本で上映されていますが、
その原題は「COCO」となっています。
cocoは主人公ミゲルのひいおばあちゃんに当たる人物の名前です。
このひいおばあちゃんが重要なカギを握っていることは言うまでもないですね。
ミゲルのひいおばあちゃんココに注目です。

美しい映像

こちらは映画「リメンバーミー」の予告映像です。

www.youtube.com

見てわかるようにとにかく映像が綺麗で、
ガイコツたちが楽しく暮らす世界は夢のように美しい
作品を重ねるごとに進化していくピクサーの映像技術にも注目です。

個性的なキャラクター達

上で説明したキャラクター達はもちろんのこと、ミゲルの残りの家族もとても個性的で本作品ではいい味を出しています。
僕は特に、ひいひいおばあちゃんのイメルダが好きです。強気だけど女性らしい一面もあり、魅力的に感じます。

f:id:kodomocafe1:20180320221749j:plain

きっとあなたにもお気に入りのキャラクターが見つかるでしょう。

エルネスト・デラクルスの言葉

伝説のミュージシャン「エルネスト・デラクルス」は心に響く言葉をたくさん現世に残していきました。
その中には物語をより面白くするキーワードもたくさん含まれています。覚えておくと後で「あっ!」とか「え?」となります(笑)
人生のヒントになるような名言も数多く登場します。
デラクルスの言葉を胸に刻んでみてはいかがでしょうか。

劇中歌

f:id:kodomocafe1:20180320222023j:plain

本作では、音楽が重要なキーとなっています。
各シーンでミゲルを含め、各キャラクターが様々な歌を歌います。
ミゲルを演じる石橋陽彩くんの美しい歌声に心奪われる人は少なくないでしょう。
僕はD23 EXPO JAPAN 2018で「リメンバー・ミー」を生で聴きましたが、圧倒されました。本作でもその魅力が十分に発揮されています。

様々なシーンで歌われるリメンバーミーの違い

f:id:kodomocafe1:20180320222643j:plain

邦題になっている曲「リメンバー・ミー」。
劇中では各キャラクターが様々なシーンでこの歌を歌っていますが、
その場面、そのキャラクターごとに聴こえ方が全く異なります。
歌詞の意味をしっかり読み取ってみると、より一層物語を感じることができると思います。

衣装

f:id:kodomocafe1:20180320222328j:plain

本作では、現世で亡くなった時と同じ服装のまま死者の国に行き、ガイコツになります。
若いガイコツもいれば歳をとったガイコツもいます。
彼らの服装に注目すると、現世ではどんな生活を送り、どんな風に死を遂げたのかが見えてきます。

紛れ込んだピクサーのキャラクター

ピクサー映画毎度恒例「隠れキャラクターを探せ」
今回もしっかり紛れ込んでますよ!
僕は一つしか見つけられませんでしたが、数多く存在しているはずなので、探してみると面白いと思います!
見つけたら是非教えてください(笑)

同時上映「アナと雪の女王 家族の思い出」

f:id:kodomocafe1:20180320222944j:plain

大人気ディズニーアニメーション映画「アナと雪の女王」の短編アニメーション作品が同時上映されています。
本作はクリスマスの伝統を探しにオラフがあれやこれやと冒険する話になってます。
アナと雪の女王のファンの方も、まだ見たことの無い方も楽しめる内容となってますので、笑いあり涙ありの「アナと雪の女王 家族の思い出」 を是非楽しみにしていてください!
家族の伝統という点で本編のリメンバーミーとつながっているのもさすがですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。
「リメンバーミー」は、普段全く感動しない僕の目から自然と涙が溢れるほど良い作品です。
素敵な映像、音楽を楽しむためにも、
是非劇場に足を運び、見ることをおすすめします。
ピクサーの短編アニメーションをなんと19作品も紹介した、
こちらの記事もおすすめなので見てみてください!

www.kodomocafe.com

映画カテゴリの最新記事